地域情報ブログ

その他2023.06.02

【定点観測】岡山県の有効求人倍率-2023年4月、前月比0.06ポイント減の1.51倍

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。毎月定点観測している岡山県の有効求人倍率ですが、2023年4月の調査結果が発表されましたので今回も詳しく見てみたいと思います。

グラフ.jpg

2023年4月の岡山県の求人倍率は「1.51倍」

直近2ヶ月は横ばいとなっていた岡山県の有効求人倍率ですが、2023年4月は0.06ポイントを落とす『1.51倍』となりました。

有効求人倍率とは-
厚生労働省が発表する統計値の一つで、「求職者1人に対して、企業などから何件の求人があるか」を示します。有効求人倍率が1倍を上回ると求職者よりも求人数の方が多い(企業にとって人手が不足している)状況で、逆に1倍を下回ると求人数より求職者数が多い(求職者にとって仕事探しが難しい)状況となります。

有効求職者数が前月に比べて1.2%減少し、有効求人数も2.9%減少したことから、倍率としては低下する結果となっています。

有効求人倍率の推移(全国・中国5県)23年4月.png
(毎年1月発表分より前年の季節調整値を計上し、数値を改定しています)

主な産業の新規求人動向(対前年度比)

参照-岡山労働局 雇用情勢

<増加>
学術研究・専門技術サービス(+35.6%)、卸売・小売(+9.6%)、生活関連サービス・娯楽(+9.4%)

<減少>
製造(-18.2%)、情報通信(-17.9%)、宿泊・飲食サービス(-17.0%)、教育・学習支援(-16.4%)、建設(-11.4%)、運輸・郵便(-9.4%)、サービス(-6.8%)、医療・福祉(-4.5%)

県内の雇用情勢について岡山労働局は『一部に厳しさがみられるものの、持ち直している』としています。今後も引き続き変化を注視していきたいと思います。

(参考)過去の求人倍率

2023年3月(1.57倍)
2023年2月(1.57倍)
2023年1月(1.58倍)
2022年12月(1.58倍)
2022年11月(1.58倍)
2022年10月(1.56倍)
2022年9月(1.58倍)
2022年8月(1.60倍)
2022年7月(1.56倍)
2022年6月(1.53倍)
2022年5月(1.49倍)
2022年4月(1.47倍)
2022年3月(1.44倍)
2022年2月(1.44倍)
2022年1月(1.43倍)
2021年12月(1.35倍)
2021年11月(1.36倍)
2021年10月(1.35倍)
2021年9月(1.38倍)
2021年8月(1.38倍)
2021年7月(1.45倍)
2021年6月(1.45倍)
2021年5月(1.41倍)
2021年4月(1.42倍)

この記事を書いた人

チーフコンサルタント 
瀬川 泰明

バックナンバー

その他

2024.03.08

【定点観測】岡山県の有効求人倍率-2024年1月、4ヶ月ぶり上昇の1.52倍

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。 毎月定点観測している岡山県の有効求人倍率ですが、2024年1月の調査結果が発表されましたので今回も詳しく見てみたいと思います。 2024年1月の岡山県の求人倍率は「1.52倍」 ここのところ3ヶ月連続で低下していた岡山県の有効求人倍率ですが、20

その他

2024.02.09

【定点観測】岡山県の有効求人倍率-2023年12月、3ヶ月連続低下の1.50倍

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。 毎月定点観測している岡山県の有効求人倍率ですが、2023年12月の調査結果が発表されましたので今回も詳しく見てみたいと思います。 2023年12月の岡山県の求人倍率は「1.50倍」 前月、0.05ポイントと大きく落とした岡山県の有効求人倍率ですが

その他

2024.01.15

【定点観測】岡山県の有効求人倍率-2023年11月、前月比0.05ポイント減の1.52倍

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。 毎月定点観測している岡山県の有効求人倍率ですが、2023年11月の調査結果が発表されましたので今回も詳しく見てみたいと思います。 2023年11月の岡山県の求人倍率は「1.52倍」 ここ2ヶ月ほど高止まりしていた岡山県の有効求人倍率ですが、202

その他

2023.12.06

【定点観測】岡山県の有効求人倍率-2023年10月、前月比微減の1.57倍

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。 毎月定点観測している岡山県の有効求人倍率ですが、2023年10月の調査結果が発表されましたので今回も詳しく見てみたいと思います。 2023年10月の岡山県の求人倍率は「1.57倍」 前月、3ヶ月ぶりに上昇した岡山県の有効求人倍率ですが、2023年

その他

2023.12.01

どうなる?岡山の「学童保育」待機児童問題

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。 早いもので今年も残すところ1ヶ月となりました。毎年呟いていますが、、、ほんとに1年が早すぎますね。 若い頃に比べて歳をとった方が時間の流れが早く感じる、という理論(「ジャネーの法則」と言うようです)もあるようなので、つまりは歳をとったということな

他の記事を検索する

検索

ページトップへ戻る