産直ブログ

地域情報

その他2022.05.12

【定点観測】岡山県の有効求人倍率-2022年3月、前月横ばいの1.44倍

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。毎月定点観測している岡山県の有効求人倍率ですが、2022年3月の調査結果が発表されましたので今回も詳しく見てみたいと思います。

グラフ.jpg

2022年3月の岡山県の求人倍率は「1.44倍」

2ヶ月連続で上昇が続いていた岡山県の有効求人倍率ですが、2022年3月は前月横ばいの『1.44倍』となりました。

有効求人倍率とは-
厚生労働省が発表する統計値の一つで、「求職者1人に対して、企業などから何件の求人があるか」を示します。有効求人倍率が1倍を上回ると求職者よりも求人数の方が多い(企業にとって人手が不足している)状況で、逆に1倍を下回ると求人数より求職者数が多い(求職者にとって仕事探しが難しい)状況となります。

有効求人数が0.3%減少したのに対し、有効求職者数も0.2%減少したことから、倍率としては変わらずという結果となりました。

有効求人倍率の推移(全国・中国5県)2022年3月.png
(2021年1月以降(太字)は季節調整値を計上し、数値を改定しています)

主な産業の新規求人動向(対前年度比)

参照-岡山労働局 雇用情勢

<増加>
製造(+19.8%)、宿泊・飲食サービス(+18.1%)、建設(+15.1%)、医療・福祉(+15.1%)、運輸・郵便(+12.7%)、教育・学習支援(+11.9%)、サービス(+9.3%)、卸売・小売(+5.3%)

<減少>
生活関連サービス・娯楽(-13.3%)、情報通信(-2.2%)、学術研究・専門技術サービス(-1.8%)

岡山労働局は、『求人が求職を上回って推移しており、求人に持ち直しの動きもみられるが、新型コロナウイルス感染症が雇用に与える影響に十分注意する必要がある』としています。今後も引き続き変化を注視していきたいと思います。

(参考)過去の求人倍率

2022年2月(1.44倍)
2022年1月(1.43倍)
2021年12月(1.35倍)
2021年11月(1.36倍)
2021年10月(1.35倍)
2021年9月(1.38倍)
2021年8月(1.38倍)
2021年7月(1.45倍)
2021年6月(1.45倍)
2021年5月(1.41倍)
2021年4月(1.42倍)

この記事を書いた人

チーフコンサルタント 
瀬川 泰明

バックナンバー

転職ノウハウ

2022.07.22

「やりたい仕事がわからない」と悩む前に始めるたった一つのこと

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。夏休みが始まりましたね。いや、始まってしまいましたね。。。 自分が子どものころは「40日も学校が休みで、毎日遊びまくれる夏休みサイコー!!!」って感じだったのですが、親になると、「40日は休み過ぎだろう・・・頼むから学校行ってくれ・・・」って感じで

転職ノウハウ

2022.07.15

在宅勤務の利便性の裏で、出社勤務の企業へ転職を希望する人たち

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。 梅雨明けが発表されてから、安定しない天気が続いていますね。私の家の近所では、今週からセミが一気に鳴き始め、夏の訪れを実感しております。 ただ、このセミの鳴き声、在宅勤務(リモート勤務)とは相性が悪いと言いますか、とにかくうるさいんですよね(苦笑)

その他

2022.07.06

【定点観測】岡山県の有効求人倍率-2022年5月、2ヶ月連続上昇の1.49倍

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。毎月定点観測している岡山県の有効求人倍率ですが、2022年5月の調査結果が発表されましたので今回も詳しく見てみたいと思います。 2022年5月の岡山県の求人倍率は「1.49倍」 2021年11月に1.4倍を超えて以降、上昇トレンドが続く岡山県の求人

企業

2022.06.30

岡山県玉野市に蓄電池工場を建設!パワーエックス・伊藤正裕氏、3度目の大きな挑戦

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。 梅雨は憂鬱だぁ~と言っていたら、あっという間に明けてしまいましたね。毎日、真夏のような暑さです。。。 梅雨の期間は14日間で、統計が残る1951年以降で最短だとか。さすがにこんなにも雨が降らないと農作物や水生生物への影響が心配になってしまいます。

企業

2022.06.22

岡山の景況感を掴む-県内上場企業の決算状況まとめ(2022年1月~3月期)

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。先日、岡山の名勝「後楽園」の築園当初からある茶畑で新茶の収穫がおこなわれました。その名も『後楽園のお煎茶 お庭そだち』。かつては岡山藩主が飲むための特別なお茶として栽培されていたそうです。 数量限定ではありますが、岡山の殿様も味わった由緒あるお茶、

他の記事を検索する

検索

ページトップへ戻る