地域情報ブログ

企業2023.04.21

ついにキタ!岡山のデニムメーカー・クロキ株式会社がLVMHとパートナーシップを締結

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。

昨年6月に投稿した記事の中で、高級ブランド世界最大手であるLVMHモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンが「高い技術力を持つ日本の素材産業の知名度を高め産地の活性化を後押しする」とメッセージを出したことに触れましたが、こちらに動きがありました。

LVMH、岡山のデニム製造と提携 共同開発で職人育成(日本経済新聞)

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC11BQC0R10C23A4000000/

"仏LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループは、デニム製造のクロキ(岡山県井原市、黒木立志社長)と提携したと明らかにした。LVMHは提携先と素材などを共同開発したり、優先調達したりすることで職人を支援・育成する取り組みを欧米で進めている。国内では初めての事例となる。クロキを皮切りに日本での提携先を増やす。"

(記事より引用)

同社が日本の企業と提携するのは初めてとのことで、「クロキすげー!」「日本の職人技すげー!」と興奮してしまいそうですが、ひとまず落ち着いて、LVMH側の目的が何なのかを考えてみると、それは「サプライチェーンの川上を押さえる」というなんじゃないかと思えてきます。

クロキ・LVMH.jpg

(画像出典:PR TIMES

話はちょっと変わりますが、先日、ある食品メーカーの役員の方と話をしたところ、原料である農産物の大半を中国からの輸入に頼っているため、リスクを分散させるために東南アジアのある国で農業生産を検討したい、ということでした。

昨今、自然災害や感染症拡大、地政学リスクなどの観点から、様々な業界でサプライチェーンの見直し・強靭化に取り組む動きが加速しています。

LVMHの今回の"提携"についてはこれらのリスクとは異なり、職人の高齢化などによる事業の継続性・人的リスクへの対応という感じもしますが、いずれにしても成長・拡大が続く世界のデニムジーンズ市場(参考)において、生地の染色から加工まで一貫して手掛け、高品質のデニムを生産できるクロキ社との提携は同社にとっても非常に意味のある一手なのではないかと感じました。

サプライチェーンの見直しや強靭化を目的とする中小企業との提携、買収という話が今後ますます増えていきそうですね。

あわせて読みたい

ハイブランド製品に「OKAYAMA」の文字!?やっぱりスゴい岡山のデニム産業|リージョナルキャリア
thumbnail
岡山へのU・Iターン転職を支援するキャリアコンサルタントがお届けする地域情報・キャリア情報ブログです。
https://www.regional.co.jp/staffblog/detail/12997

この記事を書いた人

チーフコンサルタント 
瀬川 泰明

バックナンバー

その他

2024.03.08

【定点観測】岡山県の有効求人倍率-2024年1月、4ヶ月ぶり上昇の1.52倍

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。 毎月定点観測している岡山県の有効求人倍率ですが、2024年1月の調査結果が発表されましたので今回も詳しく見てみたいと思います。 2024年1月の岡山県の求人倍率は「1.52倍」 ここのところ3ヶ月連続で低下していた岡山県の有効求人倍率ですが、20

その他

2024.02.09

【定点観測】岡山県の有効求人倍率-2023年12月、3ヶ月連続低下の1.50倍

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。 毎月定点観測している岡山県の有効求人倍率ですが、2023年12月の調査結果が発表されましたので今回も詳しく見てみたいと思います。 2023年12月の岡山県の求人倍率は「1.50倍」 前月、0.05ポイントと大きく落とした岡山県の有効求人倍率ですが

その他

2024.01.15

【定点観測】岡山県の有効求人倍率-2023年11月、前月比0.05ポイント減の1.52倍

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。 毎月定点観測している岡山県の有効求人倍率ですが、2023年11月の調査結果が発表されましたので今回も詳しく見てみたいと思います。 2023年11月の岡山県の求人倍率は「1.52倍」 ここ2ヶ月ほど高止まりしていた岡山県の有効求人倍率ですが、202

その他

2023.12.06

【定点観測】岡山県の有効求人倍率-2023年10月、前月比微減の1.57倍

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。 毎月定点観測している岡山県の有効求人倍率ですが、2023年10月の調査結果が発表されましたので今回も詳しく見てみたいと思います。 2023年10月の岡山県の求人倍率は「1.57倍」 前月、3ヶ月ぶりに上昇した岡山県の有効求人倍率ですが、2023年

その他

2023.12.01

どうなる?岡山の「学童保育」待機児童問題

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。 早いもので今年も残すところ1ヶ月となりました。毎年呟いていますが、、、ほんとに1年が早すぎますね。 若い頃に比べて歳をとった方が時間の流れが早く感じる、という理論(「ジャネーの法則」と言うようです)もあるようなので、つまりは歳をとったということな

他の記事を検索する

検索

ページトップへ戻る