産直ブログ

地域情報

企業2022.04.23

アウトドアブームで再注目!ブルーシートのパイオニア・萩原工業(岡山県倉敷市)

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。29日からゴールデンウィークですが、すっきりしない天気が続きそうですね。。。もう少し様子見でしょうが、キャンプや外遊びをご予定の方は判断に迷う天気になりそうです。

外遊びの必需品

さて今回は、キャンプやレジャーには欠かせないアイテム「シート」について。
私は家族で野山に出掛けることが多いので、車にはいつも素材やサイズの異なるシートをいくつか積んでいます。その中でも使用頻度が一番高いのは、コストコのレジャーシートです。いろんな人がよくレビューしていますが、折りたたんでチャックを閉めるとショルダーバッグのようになるので持ち運びに便利で、キルティング素材で座り心地も良く、汚れたら洗濯機で丸洗いできるという点もとても優れています。ただ、水が沁みこむ素材だけに、ぬかるんだ地面での使用には不向きです。

家族で野遊び.JPG

野山だったりキャンプ場では前日の雨で地面がぬかるんでいることはよくあります。そんなときはポリエチレン素材のシート、いわゆる「ブルーシート」が必須です。また、テント設営においては、テントへの浸水を防いだり、テント底を保護する役割でテントの下にグランドシートを敷くのが常識です。

当社では定期的に会社のメンバーでキャンプに行っており、昨年、会社でのキャンプ用にソロテントを購入したのですが、このテントサイズに丁度合うグランドシートが見当たらず、若干サイズが大きいグランドシートを使っていました。でもそれがちょっと気に入らず、探しておりましたところ、萩原工業株式会社にたどり着きました。

日本で初めてブルーシートを製造

萩原工業は我らが岡山(倉敷市)に本社を置いています。ポリエチレン・ポリプロピレンを主原料とした合成樹脂繊維「フラットヤーン」のトップメーカーで、その技術を活かして日本で初めてブルーシートを製造。現在も国内市場シェアは3割、国産に限れば9割のトップシェアを獲得するパイオニア企業です。

そんな萩原工業が手掛けるシートはなんと1枚からオーダーメイドが可能!これは知りませんでした。しかもこのODグリーンシート、素敵ですねぇ~。

さらに、レジャーシートやグランドシートのオーダーだけでなく、住宅用の日よけなどもオーダー可能となっています。

萩原工業のシートを持って外にGO!

萩原工業は昨年末、笠岡市にブルーシートの新工場を建設すると発表しています(参考)。新型コロナウイルス感染拡大による行動制限の影響や、原材料輸入に係る海上輸送費の高騰、原材料となるプラスチック原料価格の高騰などにより予想以上に収益を圧迫する状況が続いているようです。

我らが岡山を代表する萩原工業のさらなる躍進を祈念して、早速同社のシートを携えて外遊びをしたいと思います!

(萩原工業の浅野社長には以前インタビューをさせて頂きました。よければ併せてご覧ください)

この記事を書いた人

チーフコンサルタント 
瀬川 泰明

バックナンバー

転職ノウハウ

2022.07.22

「やりたい仕事がわからない」と悩む前に始めるたった一つのこと

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。夏休みが始まりましたね。いや、始まってしまいましたね。。。 自分が子どものころは「40日も学校が休みで、毎日遊びまくれる夏休みサイコー!!!」って感じだったのですが、親になると、「40日は休み過ぎだろう・・・頼むから学校行ってくれ・・・」って感じで

転職ノウハウ

2022.07.15

在宅勤務の利便性の裏で、出社勤務の企業へ転職を希望する人たち

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。 梅雨明けが発表されてから、安定しない天気が続いていますね。私の家の近所では、今週からセミが一気に鳴き始め、夏の訪れを実感しております。 ただ、このセミの鳴き声、在宅勤務(リモート勤務)とは相性が悪いと言いますか、とにかくうるさいんですよね(苦笑)

その他

2022.07.06

【定点観測】岡山県の有効求人倍率-2022年5月、2ヶ月連続上昇の1.49倍

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。毎月定点観測している岡山県の有効求人倍率ですが、2022年5月の調査結果が発表されましたので今回も詳しく見てみたいと思います。 2022年5月の岡山県の求人倍率は「1.49倍」 2021年11月に1.4倍を超えて以降、上昇トレンドが続く岡山県の求人

企業

2022.06.30

岡山県玉野市に蓄電池工場を建設!パワーエックス・伊藤正裕氏、3度目の大きな挑戦

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。 梅雨は憂鬱だぁ~と言っていたら、あっという間に明けてしまいましたね。毎日、真夏のような暑さです。。。 梅雨の期間は14日間で、統計が残る1951年以降で最短だとか。さすがにこんなにも雨が降らないと農作物や水生生物への影響が心配になってしまいます。

企業

2022.06.22

岡山の景況感を掴む-県内上場企業の決算状況まとめ(2022年1月~3月期)

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。先日、岡山の名勝「後楽園」の築園当初からある茶畑で新茶の収穫がおこなわれました。その名も『後楽園のお煎茶 お庭そだち』。かつては岡山藩主が飲むための特別なお茶として栽培されていたそうです。 数量限定ではありますが、岡山の殿様も味わった由緒あるお茶、

他の記事を検索する

検索

ページトップへ戻る