産直ブログ

地域情報

企業2022.06.30

岡山県玉野市に蓄電池工場を建設!パワーエックス・伊藤正裕氏、3度目の大きな挑戦

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。

梅雨は憂鬱だぁ~と言っていたら、あっという間に明けてしまいましたね。毎日、真夏のような暑さです。。。

梅雨の期間は14日間で、統計が残る1951年以降で最短だとか。さすがにこんなにも雨が降らないと農作物や水生生物への影響が心配になってしまいます。
渇水になると水位もなくなり水質も悪化しますから、川遊びを楽しむこともできません。手のひらを反すようですが、失って初めて気づく梅雨の大切さ、ですね。

さてさて、日本列島は水不足だけでなく電力不足にも陥っているわけですが、先週、岡山で、電力に関係する大きなニュースがありました。

(記事より引用)

洋上風力発電所でつくった電気を運ぶ電気運搬船を開発するスタートアップ、パワーエックス(東京・港)は23日、岡山県玉野市に蓄電池工場を建設すると発表した。
年間で生産できる電池の容量は500万キロワット時となる。約1万台分の蓄電池にあたり、日本では最大規模になるという。
2022年から着工し、23年から試験的に蓄電池の製造を始める。24年春にも家庭向けの蓄電池や電気自動車(EV)の急速充電に使う蓄電池の出荷を始める予定だ。

これはテンションの上がるニュースですね!

この蓄電池工場「Power Base」では、蓄電池製品の組み立てラインだけでなく、研究開発センターやオフィスも併設予定とのことで、地元で100人以上の新規雇用の計画があるようです。

それにしても蓄電池工場「Power Base」や電気運搬船「Power ARK」、その名称だけでなく、デザインもオシャレすぎですね。。。この挑戦が成功するのかは正直なところ私にはわかりませんが、莫大な資金を調達し、優秀な人材を採用して社会にイノベーションを起こしたいという強い決意が伺えます。

株式会社パワーエックス(PowerX, Inc.)
https://power-x.jp/ja/

さて、そんな同社の代表である伊藤正裕氏ですが、私、本当に超個人的なことなのですが、同氏にちょっとした思い入れがあります。

伊藤正裕氏.jpg

(画像出典:Esquire Japan/You Tube動画

ヤッパの伊藤氏

遡ること今から17年前、伊藤氏が執筆した初著書を手にしたことで同氏の存在を知るわけですが、それが『YAPPA 十七歳 ITビジネスに学歴も年齢も関係ない!』という本です。

伊藤氏は専用ソフトが不要でどんなパソコンからも三次元画像を見ることができる3D技術の会社、株式会社ヤッパを17歳の時(2000年)に起業しており、起業から5年ほどの成長を描いた起業物語です。

私が社会に出たのも同じく2000年。具体的な計画など全くないのに、「とにかく将来は独立したい」とイキっていた私は、同著で伊藤氏のことを知り、叩きのめされた気持ちになったことをハッキリと憶えています(笑)

今でこそ10代で起業と聞いても驚きませんが、当時は「17歳で起業」ということ自体がかなり衝撃的でした。また、実際に同社の3D技術が自動車メーカーや家電メーカーなどのホームページの製品紹介で使用されており、技術が社会に受け入れられ、ビジネスを成長させているという点に本当に驚いたのです。

しかも、なんですか、"ヤッパ"って。遊び心(余裕)ありすぎじゃないですか?(笑)

ともあれ、「世の中にはすごい人がいるんだな」、と大きな刺激を貰ったのです。

ZOZOの伊藤氏

それから時は流れ2018年。
伊藤氏のことはすっかり忘れていた私ですが、『ガイアの夜明け』を観ているときに、同氏と突然の再会をすることとなるのです(笑)

それが、こちら。

ZOZO前澤社長に密着200日!"究極のオーダーメード"の全貌
https://www.tv-tokyo.co.jp/plus/business/entry/2018/017986.html

なんと伊藤氏は、ZOZOのCOOとして、全身採寸スーツ「ゾゾスーツ」などの開発を主導していたのです。(2014年にヤッパの発行済み全株式の株式交換により、ZOZOに傘下入り)

ヤッパを創業した伊藤氏がゾゾスーツの開発を主導していたというのを知り、驚きましたが、私自身はとても納得感がありました。また、ゾゾスーツについてはいろんな意見があるでしょうが、私としては再び伊藤氏に大きな刺激を貰ったのです。

パワーエックスの伊藤氏

そして、そんな伊藤氏にとって3度目となる大きなチャレンジ、それがパワーエックスです。

17年の時を経て、会社経営や事業推進の経験値という意味での距離は随分離れてしまいましたが、物理的な距離は近づいてきました。なんてったって玉野ですからね!(笑)

超個人的な思い入れ話で長くなってしまいましたが、真面目な話、私は伊藤氏の今回の大きな挑戦を心から応援していますし、2022年、再び同氏から大きな刺激を貰いました!

この記事を書いた人

チーフコンサルタント 
瀬川 泰明

バックナンバー

転職ノウハウ

2022.07.22

「やりたい仕事がわからない」と悩む前に始めるたった一つのこと

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。夏休みが始まりましたね。いや、始まってしまいましたね。。。 自分が子どものころは「40日も学校が休みで、毎日遊びまくれる夏休みサイコー!!!」って感じだったのですが、親になると、「40日は休み過ぎだろう・・・頼むから学校行ってくれ・・・」って感じで

転職ノウハウ

2022.07.15

在宅勤務の利便性の裏で、出社勤務の企業へ転職を希望する人たち

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。 梅雨明けが発表されてから、安定しない天気が続いていますね。私の家の近所では、今週からセミが一気に鳴き始め、夏の訪れを実感しております。 ただ、このセミの鳴き声、在宅勤務(リモート勤務)とは相性が悪いと言いますか、とにかくうるさいんですよね(苦笑)

その他

2022.07.06

【定点観測】岡山県の有効求人倍率-2022年5月、2ヶ月連続上昇の1.49倍

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。毎月定点観測している岡山県の有効求人倍率ですが、2022年5月の調査結果が発表されましたので今回も詳しく見てみたいと思います。 2022年5月の岡山県の求人倍率は「1.49倍」 2021年11月に1.4倍を超えて以降、上昇トレンドが続く岡山県の求人

企業

2022.06.22

岡山の景況感を掴む-県内上場企業の決算状況まとめ(2022年1月~3月期)

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。先日、岡山の名勝「後楽園」の築園当初からある茶畑で新茶の収穫がおこなわれました。その名も『後楽園のお煎茶 お庭そだち』。かつては岡山藩主が飲むための特別なお茶として栽培されていたそうです。 数量限定ではありますが、岡山の殿様も味わった由緒あるお茶、

その他

2022.06.18

私流やる気スイッチの入れ方-「ありがとう」を振り返る

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。「晴れの国おかやま」も梅雨入りしてしまいましたね。週間天気予報を見ると来週はずっと雨模様。。。 それが梅雨ってものなのですが、雨の日が続くとカビの発生も気になりますし、洗濯物も乾きませんし、ヘアスタイルも決まらないので憂鬱です(私はほぼボウズ頭なの

他の記事を検索する

検索

ページトップへ戻る