地域情報ブログ

企業2022.06.09

ハイブランド製品に「OKAYAMA」の文字!?やっぱりスゴい岡山のデニム産業

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。

つい数日前のこと。ある大手企業の執行役員の方に初めてアポイントを頂き、弊社代表の植田と訪問することになったのですが、その打ち合わせをしている際、こんなやり取りをしました。

植田:「アポイント当日はジーパンで行こうと思ってるけど大丈夫だよね?」
瀬川:「大丈夫なんじゃないですか?今や気にする人もいないでしょ~」
植田:「だよなぁ。オッケー、じゃあジーパンで行くわ~」

少し古い情報にはなりますが、2017年にユニクロが実施した「ジーンズに関する調査」では、75.6%もの人が「ビジネスシーンでもジーンズを穿いても良いと思う」と回答しています(参考:ユニクロ プレスリリース)。

その調査から4年半が経過した現在において、ビジネスシーンでのジーンズ着用を「受け入れられない」と仰る方もほとんどいらっしゃらないのではないでしょうか。

ジーンズ×ジャケット.jpg

(画像出典:OTOKOMAE / 男前研究所

実際にはジーンズが「有り」「無し」というよりも、デザインやシルエット、サイズ、穿き方など、要はだらしなくならないように、清潔感があれば問題ない、ということではないかと思います。

とは言え、私自身はこれまでビジネスシーンでジーンズを着用したことがなく、基本的には好んでスーツを着用していました。

しかし、植田がジーンズで私がスーツという組み合わせもダウンタウンみたいで少し違和感があるので(私は金髪でもマッチョでもありませんし、さすがに植田もTシャツで企業訪問はしておりませんが)、これを機に、私もビジネスシーンでジーンズを着用しようと思い、いろいろ探しているところです。

今のところ第一候補はorslow(オアスロウ)というブランドの『107 IVY FIT』というモデルです。

ユーズドウォッシュモデルの雰囲気がとてもいいなぁ~と思うのと、同ブランドの代表である仲津一郎氏は、専門学校を卒業後、児島にあるメーカーに勤めていたというエピソードにグっときています。

さすがジーンズの聖地・児島ですね。

orslow.jpg

(画像出典:orslow

また、岡山には"ジーンズ"の聖地だけでなく"デニム"の聖地があることをご存じでしょうか?それが岡山県南西部に位置する井原市です(参考:井原市観光協会)。

そして、そのデニムの聖地において、圧倒的な存在感と実績を誇るのがクロキ株式会社です。
(ちなみに:お隣、広島県福山市のカイハラ株式会社も日本を代表するデニム生地メーカーです)

クロキのデニム生地は「CHANEL」や「LOUIS VUITTON」、「GUCCI」「PRADA」「Ermenegildo Zegna」といったラグジュアリーブランドに採用されており、多くを語らずとも、その事実が同社の実力、品質の高さを物語っています。

クロキ株式会社.jpg

(画像出典:クロキ株式会社

先日、傘下に「LOUIS VUITTON」や「Christian Dior」を収める高級ブランド世界最大手であるLVMHモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンの会長兼CEOが日本の松野官房長官と会談し、「LVMHが傘下ブランドの商品で日本製の生地などを使った場合、その産地を明記することで一致した」とのニュースがありました(参考:日本経済新聞)。

ということは、ヴィトンやディオールのデニム製品に"Fabric Made in Okayama Japan"と記されるということなのでしょうか!?これは岡山を世界にアピールするビッグチャンスです!

個人的には、同じくLVMHの傘下であり「A BATHING APE」の創業者であるNIGO氏がアーティスティックディレクターに就任した「KENZO」から"Fabric Made in Okayama Japan"と記されたデニムアイテムが発表されることを期待しています!

いずれにしても、岡山の主要産業が世界から注目を集め、さらに発展の可能性を見出そうとしているのはとても喜ばしいことです。

やっぱりスゴいぞ岡山のデニム!ジーンズ!今後も目が離せません。

この記事を書いた人

チーフコンサルタント 
瀬川 泰明

バックナンバー

転職ノウハウ

2022.11.13

経験者採用面接における「その企業でなくてはならない理由」を見つける方法

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。 転職支援をさせて頂く中で、企業の面接を受ける方に対して面接対策(面接トレーニング)をさせて頂くことがありますが、その中で、多くの方がお困りになるのが『志望理由』、特に、『その企業でなければならない理由』です。 自分なりに考えた志望理由を面接官に伝

その他

2022.11.01

【定点観測】岡山県の有効求人倍率-2022年9月、10ヶ月ぶり低下の1.58倍

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。毎月定点観測している岡山県の有効求人倍率ですが、2022年9月の調査結果が発表されましたので今回も詳しく見てみたいと思います。 2022年9月の岡山県の求人倍率は「1.58倍」 直近5ヶ月連続で上昇し、2020年5月以来の1.6倍台に乗っていた岡山

その他

2022.10.21

再注目を集める木造建築。隈研吾氏監修の「岡山大学共育共創コモンズ」がまもなく完成へ

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。朝晩の冷え込みが身に沁みる季節になってきましたね。 先日、長女が小学校から帰るや否や、ランドセルを玄関に放り投げて「イモ掘ってくるー」と出て行き、友達の家の畑でサツマイモを掘って帰ってきました。 せっかくなので、この週末は焚き火をして子どもたちと焼

レジャー

2022.10.07

キャンプの秋到来!岡山のキャンパー御用達といえばニッチ・リッチ・キャッチ!

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。10月に入り、日中でも快適に過ごせる気候になってきましたね。 先日、家族で県北のキャンプ場(ケビン泊)に行ってきました。 さすがに朝晩は結構な冷え込みでしたが、テントの設営&撤収が不要のケビン泊はとても快適で、子どもたちが寝静まった後のソロ焚火は最

その他

2022.10.01

【定点観測】岡山県の有効求人倍率-2022年8月、5ヶ月連続上昇の1.60倍

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。毎月定点観測している岡山県の有効求人倍率ですが、2022年8月の調査結果が発表されましたので今回も詳しく見てみたいと思います。 2022年8月の岡山県の求人倍率は「1.60倍」 有効求人数の増加に伴い、上昇を続けている岡山県の有効求人倍率ですが、2

他の記事を検索する

検索

ページトップへ戻る