地域情報ブログ

その他2022.05.19

アメリカで続く賃金インフレ-「安いニッポン」からの脱却はいかに

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。仕事柄、海外の労働市場の動き、とりわけアメリカの動きは気にしてウォッチしているのですが、ここ最近特に話題となっているのは賃金の高騰です。

blog20220519ogp.jpg

アメリカで続く「賃金インフレ」。一方日本では・・・

背景としては、3月よりも低下したとはいえ、4月のインフレ率が前年比8.3%ということもあって、物価上昇にともなう賃金上昇圧力が強まっていること、また、それと同時に深刻な人手不足となっており、他社から人材を引き抜くためであったり、既存の社員を流出させないために賃金が上昇しているということです。

「でも、それってGAFAMみたいなビッグ・テックの話でしょ?」と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

全米企業エコノミスト協会が4月25日に公表したアンケート結果によると、業界や職種を問わず、回答企業の7割が賃上げを実施していると答えています。

<参考>

日本では、以前から言われ続けていることではありますが、特にここ最近「安いニッポン」「低所得ニッポン」という見出しが躍っています。

日本の平均給与はバブル崩壊後の1992年と2018年とを比較すると40万円近くも下がり(472万円→433万円)、OECD加盟諸国の平均賃金比較においても、アメリカとは1.7倍ほどの差をつけられ、韓国にも抜かれ、加盟諸国の平均以下の数値であることがよく取り上げられています。
うーん、なんとも残念な現実です。。。

なぜ日本の賃金が上がらないのか?

断定的なことは言えないものの、やはり新卒一括採用・年功序列・終身雇用制度などによる人材の流動性の低さや労働分配率の低さ、非正規社員の賃金水準の低さなど様々な要因が絡み合っているように思います。

また、それに加えて、私が実際に企業とやりとりをする中で強く感じることは、多くの企業が中途社員を採用するシーンにおいて、その人材の市場価値をもとに賃金を算出するのではなく、内部の公平性(横並び)を重視して算出する賃金システムになっているということです。

冒頭、アメリカで深刻な人材不足とお伝えしましたが、日本も深刻な人材不足に直面しており、2020年に7406万人の生産労働人口は2065年には4529万人にまで減少する見通しです。

そんな中で労働力を担保するには、やはり賃金改善は大きな課題です。

先日、帝国データバンクが実施した「岡山県 2022年度の賃金動向に関する企業の意識調査」によれば、「賃金改善ある」が過去10年で最高の60.2%になり、その理由のトップは「労働力の定着・確保(85.8%)」ということですので、変化の兆しを感じるところですが、内部公平性や同じエリアの他社の目(地域公平性?)から脱却し、スピーディーかつ大胆な変化を期待したいところです。

<参考>

この記事を書いた人

チーフコンサルタント 
瀬川 泰明

バックナンバー

転職ノウハウ

2022.11.13

経験者採用面接における「その企業でなくてはならない理由」を見つける方法

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。 転職支援をさせて頂く中で、企業の面接を受ける方に対して面接対策(面接トレーニング)をさせて頂くことがありますが、その中で、多くの方がお困りになるのが『志望理由』、特に、『その企業でなければならない理由』です。 自分なりに考えた志望理由を面接官に伝

その他

2022.11.01

【定点観測】岡山県の有効求人倍率-2022年9月、10ヶ月ぶり低下の1.58倍

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。毎月定点観測している岡山県の有効求人倍率ですが、2022年9月の調査結果が発表されましたので今回も詳しく見てみたいと思います。 2022年9月の岡山県の求人倍率は「1.58倍」 直近5ヶ月連続で上昇し、2020年5月以来の1.6倍台に乗っていた岡山

その他

2022.10.21

再注目を集める木造建築。隈研吾氏監修の「岡山大学共育共創コモンズ」がまもなく完成へ

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。朝晩の冷え込みが身に沁みる季節になってきましたね。 先日、長女が小学校から帰るや否や、ランドセルを玄関に放り投げて「イモ掘ってくるー」と出て行き、友達の家の畑でサツマイモを掘って帰ってきました。 せっかくなので、この週末は焚き火をして子どもたちと焼

レジャー

2022.10.07

キャンプの秋到来!岡山のキャンパー御用達といえばニッチ・リッチ・キャッチ!

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。10月に入り、日中でも快適に過ごせる気候になってきましたね。 先日、家族で県北のキャンプ場(ケビン泊)に行ってきました。 さすがに朝晩は結構な冷え込みでしたが、テントの設営&撤収が不要のケビン泊はとても快適で、子どもたちが寝静まった後のソロ焚火は最

その他

2022.10.01

【定点観測】岡山県の有効求人倍率-2022年8月、5ヶ月連続上昇の1.60倍

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。毎月定点観測している岡山県の有効求人倍率ですが、2022年8月の調査結果が発表されましたので今回も詳しく見てみたいと思います。 2022年8月の岡山県の求人倍率は「1.60倍」 有効求人数の増加に伴い、上昇を続けている岡山県の有効求人倍率ですが、2

他の記事を検索する

検索

ページトップへ戻る