地域情報ブログ

企業2021.09.24

岡山・倉敷が誇る地場産業「帆布」~60年の時を経て感じる職人の息吹

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。台風シーズンですね。北上している台風16号ですが、これからどんどん勢力を強め、猛烈な勢いのまま日本に上陸しそうです。来週末は会社のメンバーでキャンプを計画していますが、それどころではなさそうです。。

私の実家の横には小さな平屋があり、以前は人に貸していたのですが、今は老朽化にともなって物置として使っています。毎年毎年、台風シーズンになると瓦が飛んだり、場合によっては倒壊するのではないかとビクビクしていたのですが、両親もようやく重い腰を上げ、中に置いている物を整理・処分し解体することを決めたようです。私もその作業を手伝っているのですが、荷物を整理する中で、先日おもしろいものが出てきました。

それがこちら。父が子どもの頃に所属していたボーイスカウトで使用していたリュックサックで、1959年に琵琶湖畔で行われた「日本ジャンボリー」のものでした。

ボーイスカウトのリュックサック (1).JPG

ボーイスカウトのリュックサック (2).JPG


YouTubeにはなんとそのときの映像が!




今から60年以上も前の代物なのでさすがに汚れがひどく、洗濯中(たわしでこすったらタグが裂けてリュックから取れてしまいました。。。)ですが、キャンプ好きの私にとってはこのカラーや帆布素材、雰囲気はグっときます。もう少しキレイな状態にして、取れてしまったタグも縫い付けてキャンプ用品入れとして使いたいと思います。


しかし、帆布ってすごいですよね。汚れてはいますが、生地の強度はそのままって感じです。ハードに使ってもヘタらないところがキャンプとの相性も抜群。そんな帆布ですが、岡山が誇る地場産業だということをご存知でしょうか。岡山県倉敷市は帆布の一大生産地で、国産の帆布の70%もの生産量を占めています。その中でも半数以上の生地を織っているのが、明治21年(1888年)創業の老舗、株式会社タケヤリです。


http://www.takeyari-tex.co.jp/

タケヤリ.jpg


"日本の山岳文化黎明期を支えた登山用リュック、職人の工具入れに始まり
産業資材としては、とび箱、体育館マット、帆船、トラックの幌、ベルトコンベアなどの生地を織り
日本の歴史と人々の生活と寄り添い現在に至ります。"

(引用-タケヤリ公式HP




もしかすると、このリュックの生地も当時のタケヤリの職人の手によって紡がれたものなのではと思うと、ちょっと感動です。いや、本当にその可能性が高いのではないでしょうか。今度、タケヤリ社に持ち込んで聞いてみようかな。。。(笑)


来週末に計画しているキャンプでこのリュックを使用できるといいのですが、台風16号の進路が逸れてくれることを願うばかりです。最悪、直撃となった場合でも、ウチの物置が倒壊せず、なんとか持ちこたえてほしいところです。。。

この記事を書いた人

チーフコンサルタント 
瀬川 泰明

バックナンバー

転職ノウハウ

2022.11.13

経験者採用面接における「その企業でなくてはならない理由」を見つける方法

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。 転職支援をさせて頂く中で、企業の面接を受ける方に対して面接対策(面接トレーニング)をさせて頂くことがありますが、その中で、多くの方がお困りになるのが『志望理由』、特に、『その企業でなければならない理由』です。 自分なりに考えた志望理由を面接官に伝

その他

2022.11.01

【定点観測】岡山県の有効求人倍率-2022年9月、10ヶ月ぶり低下の1.58倍

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。毎月定点観測している岡山県の有効求人倍率ですが、2022年9月の調査結果が発表されましたので今回も詳しく見てみたいと思います。 2022年9月の岡山県の求人倍率は「1.58倍」 直近5ヶ月連続で上昇し、2020年5月以来の1.6倍台に乗っていた岡山

その他

2022.10.21

再注目を集める木造建築。隈研吾氏監修の「岡山大学共育共創コモンズ」がまもなく完成へ

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。朝晩の冷え込みが身に沁みる季節になってきましたね。 先日、長女が小学校から帰るや否や、ランドセルを玄関に放り投げて「イモ掘ってくるー」と出て行き、友達の家の畑でサツマイモを掘って帰ってきました。 せっかくなので、この週末は焚き火をして子どもたちと焼

レジャー

2022.10.07

キャンプの秋到来!岡山のキャンパー御用達といえばニッチ・リッチ・キャッチ!

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。10月に入り、日中でも快適に過ごせる気候になってきましたね。 先日、家族で県北のキャンプ場(ケビン泊)に行ってきました。 さすがに朝晩は結構な冷え込みでしたが、テントの設営&撤収が不要のケビン泊はとても快適で、子どもたちが寝静まった後のソロ焚火は最

その他

2022.10.01

【定点観測】岡山県の有効求人倍率-2022年8月、5ヶ月連続上昇の1.60倍

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。毎月定点観測している岡山県の有効求人倍率ですが、2022年8月の調査結果が発表されましたので今回も詳しく見てみたいと思います。 2022年8月の岡山県の求人倍率は「1.60倍」 有効求人数の増加に伴い、上昇を続けている岡山県の有効求人倍率ですが、2

他の記事を検索する

検索

ページトップへ戻る