地域情報ブログ

企業2021.07.29

海運市況回復が後押し。岡山の造船・船舶業界にも明るい兆し

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。先日、東洋経済オンラインにて気になる記事を目にしました。



造船業が盛んな岡山を担当する私としてはとても興味深く読んだのですが、その内容をざっと紹介すると、

国から莫大な公的支援を受け、低価格攻勢(赤字受注)に打って出る中韓勢との競争で苦しい状況が続いている日本の造船業。そんな中、業界最大手である今治造船の手持ち工事量が適正水準とされる2年分を超えて2.5年分まで積みあがっているというのです。
その背景には、巣ごもり需要の増加に伴って海運市況が改善し、業績好調な海運企業から新造船の発注が活発化しているとのこと。また、世界的に厳しくなる環境規制や脱炭素化の流れで、環境に優しい新造船の需要が増しているようです。

ルールが変わることによってビジネスチャンスが生まれるということですね。特に環境規制強化の潮流をチャンスと捉え、それに向けた投資を行う企業は注目です。


また、船の関係で言えば、今年3月に、船舶用プロペラの大手メーカーであるナカシマプロペラ(岡山市東区)が、ドイツの大手船舶用機器メーカー・ベッカーマリンシステムズを買収というリリースもありました。



ベッカーマリンシステムズ社は船舶用省エネ装置で世界トップクラスのシェアを持っており、ナカシマプロペラ社の主力のプロペラを含め、船舶の推進力や燃費を左右する船尾周辺設備の一貫製造で相乗効果を発揮する狙いがあるようです。

ナカシマプロペラ社は今年2月には社長も代替わりしましたし、非常に勢いを感じる1社ですね。




この記事を書いた人

チーフコンサルタント 
瀬川 泰明

バックナンバー

転職ノウハウ

2022.11.13

経験者採用面接における「その企業でなくてはならない理由」を見つける方法

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。 転職支援をさせて頂く中で、企業の面接を受ける方に対して面接対策(面接トレーニング)をさせて頂くことがありますが、その中で、多くの方がお困りになるのが『志望理由』、特に、『その企業でなければならない理由』です。 自分なりに考えた志望理由を面接官に伝

その他

2022.11.01

【定点観測】岡山県の有効求人倍率-2022年9月、10ヶ月ぶり低下の1.58倍

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。毎月定点観測している岡山県の有効求人倍率ですが、2022年9月の調査結果が発表されましたので今回も詳しく見てみたいと思います。 2022年9月の岡山県の求人倍率は「1.58倍」 直近5ヶ月連続で上昇し、2020年5月以来の1.6倍台に乗っていた岡山

その他

2022.10.21

再注目を集める木造建築。隈研吾氏監修の「岡山大学共育共創コモンズ」がまもなく完成へ

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。朝晩の冷え込みが身に沁みる季節になってきましたね。 先日、長女が小学校から帰るや否や、ランドセルを玄関に放り投げて「イモ掘ってくるー」と出て行き、友達の家の畑でサツマイモを掘って帰ってきました。 せっかくなので、この週末は焚き火をして子どもたちと焼

レジャー

2022.10.07

キャンプの秋到来!岡山のキャンパー御用達といえばニッチ・リッチ・キャッチ!

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。10月に入り、日中でも快適に過ごせる気候になってきましたね。 先日、家族で県北のキャンプ場(ケビン泊)に行ってきました。 さすがに朝晩は結構な冷え込みでしたが、テントの設営&撤収が不要のケビン泊はとても快適で、子どもたちが寝静まった後のソロ焚火は最

その他

2022.10.01

【定点観測】岡山県の有効求人倍率-2022年8月、5ヶ月連続上昇の1.60倍

リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。毎月定点観測している岡山県の有効求人倍率ですが、2022年8月の調査結果が発表されましたので今回も詳しく見てみたいと思います。 2022年8月の岡山県の求人倍率は「1.60倍」 有効求人数の増加に伴い、上昇を続けている岡山県の有効求人倍率ですが、2

他の記事を検索する

検索

ページトップへ戻る