リージョナルHERO

転職成功者インタビュー

リージョナルキャリア岡山で転職した方々に体験談をお聞きしました。

大学の研究者から、機械メーカーへ。新たなチャレンジは何歳からでも遅くない!

株式会社フジワラテクノアート
砂田直明さん(仮名・開発) 29歳

転職回数
1回
転職期間
エントリーから内定まで117日間

砂田さんの以前のキャリアは、「ポスドク」。ポスト・ドクターの略で、大学院で博士号を取得した後、教授のサポート役として働く「博士研究員」のことをいう。もちろん給料は出るが、期間限定の任期制。今のプロジェクトが終わった後に、次の職場が見つかる保証はない。最大の目標は大学教授になることだが、そのポストも非常に限られている。任期切れの前に、砂田さんが今後の進路について悩んだのも当然のことだった。そして決断したのが、企業への転職。年齢の高さと社会経験の乏しさから「博士は企業に敬遠される」という噂も聞いていた。実際、転職活動を始めた当初は募集の話がなかなか集まらず、進展がなかったという。だがリージョナルキャリアを通じて「博士を求める企業」と出会い、転職に成功した。今度の職場はメーカー。自分の研究とは異なる分野の仕事だが、新たなチャレンジを楽しんでいる砂田さんにお話をうかがった。(※本記事の内容は、2016年7月取材時点の情報に基づき構成しています)

転職前

業種
大学
職種
研究職
業務内容
特任研究員(いわゆるポスドク)として植物の遺伝子の研究に従事。

転職後

業種
メーカー(機械設備)
職種
開発職
業務内容
開発部にて醸造用、食品用機械の開発に向けた試験業務。

将来を見据え、ポスドクとして働きながら転職活動をスタート。

現在のお仕事はどんな内容ですか?

生産設備のメーカーで働いています。メインの製品は、味噌や醤油、日本酒、焼酎などを作る醸造用設備で、製麹分野では当社が国内で約70%のシェアを持っています。その中で私は技術開発部に所属しています。といってもまだ経験が浅いので、今は原料を運んだり、パーツを組み立てたり、洗浄したり、テスト用のデータをとったり、といった補助的な業務を行いながら、勉強させてもらっている段階です。

入社前のご経歴を教えてください。

大学院で2年間植物の研究をした後、いったん農薬メーカーに就職し、作物に対する農薬の効果の試験業務に携わっていました。しかし自分の研究に「やり残したことがある」と感じ、半年で会社を退職して、大学院の博士課程へ。日本学術振興会の特別研究会に選ばれ、研究費と生活費をもらいながら自分の研究をしていました。専門は植物の種子生理学です。そして2年間の博士課程を経て、博士号を取得。その後は大学の研究室に博士研究員として着任し、いわゆるポスドク(ポスト・ドクター)として、教授の研究をサポートしていました。

転職のきっかけは?

ポスドクという立場は、任期が1年と決まっており、年度ごとの更新になります。更新ができたり、あるいは他のポスドクの職が見つかれば良いですが、見つからなければ無職。だからポスドクの仕事はすごく不安定なんです。勤務地もそれまでは運よくずっと大阪にいることができましたが、全国のどこの大学に行くことになるかもわからない。そもそも、何をめざすのかが、難しい状況です。ポスドクの多くが教授をめざしていますが、実際にはなかなか教授のポストは空きません。それで自分の今後について、周囲にもいろいろ相談した結果、将来に向けて企業への転職活動を始めることにしました。

転職活動はどのように進めましたか?

最初は大手の転職サイトや、研究員に特化した派遣会社に登録しました。希望職種はバイオ関係の仕事で、勤務地は住み慣れた関西か、出身の岡山で考えていました。といっても、すぐに探す必要はなかったので、あせらずゆっくり探していました。予想通り、これといった求人情報も少なかったですしね。予想通りというのは、「博士は会社から敬遠される」という話を聞いていたからです。年齢が修士の学生より4歳くらい上ですし、研究実績はあるけれど、社会経験はありません。自分の研究が仕事と合致することも、ほぼないので、「やっぱりな」という感じでした。ところが、いろいろなサイトを探しているうちに、リージョナルキャリア岡山を見つけまして。岡山に特化しているということで連絡を取ってみたら、「ちょうど紹介したい案件があります」と、すぐに2社の面接を受けさせてもらいました。面接を受けたこと自体、それが初めて。担当してくれたコンサルタントも「すごくタイミングいいですよ」と驚いていました(笑)。

今の会社に決めたポイントは?

1つは、「博士がほしい」と言ってくれたことです。自分は機械については素人だと伝えましたが、「生物系の知識を活かして活躍してほしい」と言ってもらいました。もう1つは、「今後は海外への展開に力を入れていきたい」という話にも魅力を感じました。メーカーが海外に打って出ていくときに、社内に博士がいると信用されることがあります。事実、海外の大きな企業では研究部門の上の方にけっこうな確率で博士を持っている人がいます。また自分自身、それまでは狭く深く掘り下げていく研究ばかりしてきましたが、もっと自分の幅を広げていきたいという気持ちもありました。できることが幅広いほうが、これから仕事をしていくうえで役に立つはず。そう考えて、新たなことにチャレンジする決意を固めました。

自分が面白いと思えば、やれる。自信をもってやれば、結果はついてくる。

転職していかがでしたか?

本質的には機械メーカーなので、やっぱり機械に素人の自分がすんなり入っていくのは難しかったですね。用語ひとつとっても、知らないことばかり。覚えなきゃいけないことが本当に多い毎日です。仕事の中身もがらっと変わりました。それまではずっと机に向かって調べものや、物書きをしていたのに、今は立ちっぱなし。仕事道具もフラスコから、今ではレンチやスパナ。自分でもえらく変わったなと思います(笑)。でも、きつくはないですね。まわりには私と同じバイオ出身の人もいますし、私の今の状況を理解してサポートしてくれます。自分もがんばっていれば、ああなれるという安心感があります。また、研究室時代とはタイプが違う人たちが集う環境ですが、みんな気さくに話しかけてくれるので、働きやすいです。企業と大学では、働くということに対しての考え方も違うはずで、そこが大きな不安点でもありました。でも周囲が積極的に関わってくれるので、その不安はすぐになくなりました。今では、「こうすればいいよ」と、いつもアドバイスをもらっています。

生活面での変化はいかがですか?

今は実家に戻って暮らしています。10年ぶりですね。おかげで栄養バランスのいい食事をとれるようになりました。ポスドクの頃は、不規則、研究中心の生活で、そのまま研究室に泊まることもザラでした。でも今は19時には仕事が終わるし、帰ればご飯がある。ずいぶん規則正しい生活が送れるようになりました。土日は地元の友人と遊んだり、大阪の友人にも会ったりしています。大阪と岡山って、けっこう近いです。しかも岡山も、自分が高校生の時より都会になっています(笑)。もちろん大阪よりは刺激は少ないですが、8割方は大阪と同じ店があるんじゃないでしょうか。

転職を考えている人にアドバイスをお願いします。

僕の場合、ちょっと畑違いの転職を決断したわけですが、自分が面白いと思えば、やれると思っています。その会社から求められているのなら、自分にできることがあるはず。自信を持って新しい分野にチャレンジしていいし、いつか結果を出せると信じています。もちろん最初は苦労するでしょうが、それを嫌だなと思うのではなく、楽しめればいい。自分の考え方次第だと思います。だから、もしチャンスが来たのなら、乗ってみるのもいいのではないでしょうか。やり直しは何回もできると私は思っていて、その辺は、研究室時代に学んだことです。よく、「新しいことを始めるのは若いうちじゃないとだめ」とか、「歳をとると頭が固くなる」といいますが、実際はそんなことはないと思います。研究の世界では、50代、60代の研究者がどんどん新しいことをやっていますから。だから私は、何歳からでもチャレンジはできると信じています。

担当コンサルタントから

株式会社ライフサイズ 
瀬川 泰明

砂田さんがご自身でも仰っていたとおり、ポスドクの方は転職活動で苦労をされている方が多いように思います。ただそれは、年齢や社会経験が浅いからではなく、これまでに学んできたことについての拘りが強すぎて、延長線上にしかキャリアを描けない方が多いからではないかと感じます。その点、砂田さんの新しいことでも好奇心を持って飛び込んでいく(まずやってみる)姿勢はポスドクの方々の転職活動のロールモデルになるのではないでしょうか。「何歳からでもチャレンジできる」という砂田さんの力強い言葉にこちらがパワーを頂きました。

関連情報

求人情報

転職成功者インタビュー一覧

ページトップへ戻る