リージョナルHERO

転職成功者インタビュー

リージョナルキャリア岡山で転職した方々に体験談をお聞きしました。

40歳からの転職に必要なのは、自分らしく楽しく生きる道を真剣に選択する決断力!

ローム・ワコー株式会社
長谷川孝俊さん(仮名・社内SE) 43歳

転職回数
0回
転職期間
エントリーから内定まで44日間

約20年間、地元を離れ先端技術を駆使したソフトウェア開発に携わっていた長谷川さん。エンジニアとしての経験を積み、マネジメント職に就き、オフショア開発で中国・韓国のパートナー企業との協業開発も経験。多忙な毎日の中で最終的に思い描いた生き方とは、エンジニア経験を活かしながらも自分らしい豊かで楽しい生活。現在は地元岡山に戻り、半導体製造ラインの改善のための社内SEとして新しいエンジニア生活をスタートさせた。規律正しい生活の中から、精神的な安息を手に入れ、趣味も楽しむ長谷川さんの転職への決断と行動力を参考にしてほしい。(※本記事の内容は、2015年9月取材時点の情報に基づき構成しています)

転職前

業種
メーカー(携帯デバイス)
職種
ソフトウェア開発、マネジメント
業務内容
仕様検討、基本設計、詳細設計、評価、保守など。直近の約5年間はマネジメント。オフショア開発において、中国や韓国のパートナー企業との協業経験もある。

転職後

業種
メーカー(半導体)
職種
社内SE
業務内容
電子化・オンライン化された製造ラインの改善・強化、システムの構築など

自分の技術が現場で役立っていることを実感したかった。

現在のお仕事はどんな内容ですか?

国内屈指の半導体メーカー「ローム」の製造部門を担う中核企業で、社内SEとして新たなエンジニア人生をスタートさせました。主な業務内容は、電子化・オンライン化された製造ラインの改善・強化、システムの構築などです。安定して高品質な製品をいかに量産していくかが課題であり、製造ラインの改善はグループを支える原動力にもなっています。現場の声を直に反映できる社内SEの仕事は、課題が明確であり、成果も分かりやすい領域なので、やりがいがあります。これまでの開発経験を存分に活かして、世界市場を視野に技術の進化を目指していきます。

入社前のご経歴を教えてください。

大学を卒業後、約20年間、組み込み製品向けのソフトウェア開発に携わってきました。エンドユーザーとの仕様・要件定義の打ち合わせに参加。仕様検討、基本設計、詳細設計、評価、保守など、全体の流れを経験してきました。直近の約5年間はマネジメントが主で、プロジェクトの運営に携わりました。オフショア開発において、中国や韓国のパートナー企業との協業経験もあります。常に心がけていたことは、チームメンバーとのコミュニケーション。何気ない会話や様子から業務の進捗状況を把握し、未然にトラブルを避けるようにしていました。新しい職場でも、メンバーとのコミュニケーションを深め、いい成果に結び付けたいです。

転職のきっかけは?

父親が体調を崩したことを機に、地元で働くことを意識するようになりました。さらに仕事内容が管理職としてのマネジメント業務に移行するようになったことで、改めて現場でのモノづくりに対する熱い想いが湧いてきて、現場に戻りたいという気持ちの変化もありました。現場に戻って出直すには、年齢を考えて今しかないと思い、転職を決意しました。その時の心情は、「現場の仕事を一から鍛え直そう!」というかなり強い意志がありました。

転職活動はどのように進めましたか?

9月に会社を辞めて、12月に岡山に戻り、年明け1月から本格的に転職活動を開始しました。ハローワークを始め、大手のエージェント数社にも登録しました。40代という年齢を考えると「厳しい転職活動になる」と想像していましたが、20社ほどにエントリーするも、実際、なかなか面接までたどり着けませんでした。そんな時、リージョナルキャリア岡山との出会いがあり、率直に自分のやりたいことを話しながら、現在の会社を紹介してもらうに至りました。

今の会社に決めたポイントは?

社内SEというポジションに魅力を感じました。自分の働きが直に会社運営に反映される手ごたえがあると感じられたからです。ソフトウェア開発のエンジニアとしての経験、プロジェクトマネージャーとしての運営力などを発揮して、地元で時間にゆとりを持って、人間らしく有意義に過ごせるだろうと、新しいエンジニア人生にかけてみようと思えました。

精神的な自由を得て、15年ぶりに趣味の自転車も復活!

転職していかがでしたか?

前職では、大手通信キャリア向けの携帯電話・スマートフォンなどの開発に携わっていましたが、休日も少なく、夜遅くまで仕事に没頭する毎日。先端分野に携わっているやりがいはありましたが、実際の仕事の評価は漠然としたものでした。しかも、管理職としての立場上、仕事以外の多様な悩みやしがらみもありました。しかし現在は、エンジニアとしての仕事にも集中でき、精神的にも前向きでいられます。また、前職は業績悪化の影響が大きく、会社全体の雰囲気も張りつめていました。今は、そういった雰囲気から解放され、自社の製造ライン改善のため、その先にはグループ企業を支えるためにと、前向きな気持ちで仕事に没頭できる環境に満足しています。

生活面での変化はいかがですか?

劇的に生活サイクルが変わり、健康的な毎日に満足です。6:30起床、7:30マイカーで出勤、8:15~17:15まで仕事というスケジュールです。実家にも近いので、家族との行き来にも便利。人間らしい穏やかな生活ができています。また、20代には自転車を趣味にしていたものの、仕事の忙しさに流され、まったく遠ざかっていましたが、15年ぶりにサイクリングを楽しんでいます。自転車を趣味にする上司もいて月に1~2回はサイクリングに出かけ、しまなみ海道も走ることができました。オンとオフのメリハリがあり、自分らしさを取りもどし、有意義な人生をスタートできました。

転職を考えている人にアドバイスをお願いします。

40歳を過ぎてからの転職を考えた時、何かを犠牲にする覚悟が必要だと思います。私の場合は、収入が下がっても自分らしい生活がしたいと思いました。何が自分にとって大切なのかを真剣に考えること。時間は取り戻せません。だからこそ、どんな生き方を選択するかが重要です。魅力的な人間になりたい、趣味を満喫したい。人それぞれに考えることはあるはずです。それを実現するためには、多少の犠牲を払っても、納得した道を探してほしいと思います。そして最後は決断力。自分の決断を必ず成功にするための努力、与えられた仕事には全力で取り組むこと、これが転職成功への重要なポイントだと思います。

担当コンサルタントから

株式会社ライフサイズ 
瀬川 泰明

こんなことを言うと怒られてしまうかもしれませんが、初めてお会いした時の私の長谷川さんの印象は「好奇心旺盛な少年(のような大人)」でした。前職の業績不振とお父様の体調がよくないことから会社を退職し、奈良から岡山へ戻ってこられた直後にお会いしました。40代でもありますし、一般的にはこれからのことで不安になる方の方が多いと思います。長谷川さんも「不安だった」と仰っていますが、それでも新しいスタート・経験ができることにどこかワクワクされているようにも見えました。直近ではマネジメントがメインでしたが、根っからの技術者で、「現場の仕事でも、自分にできることを全力でやる」という言葉が印象に残っています。技術的なことだけではなく、長谷川さんの前向きな性格と覚悟・決断力を企業側も高く評価されていました。「充実している」と聞いてとても嬉しいです!

関連情報

求人情報

転職成功者インタビュー一覧

ページトップへ戻る